埼玉『東武動物公園』に行ってきました-【第2回】どきどきストリート前編

動物園

本日は、「東武動物公園に行ってきました」【第2回】どきどきストリート前編です。

過去の記事はこちらです。

第1回 アフリカサバンナ編

では早速、カシャッ!

フラミンゴ

フラミンゴ-1 フラミンゴ-2
美しすぎます!フラミンゴって本当に美しすぎます!人間で例えるならクレオパトラや楊貴妃といった世界三大美女に匹敵するくらいの美貌を持っているのではないでしょうか。

鮮やかな色合いをした羽が人々を魅了していますね。フラミンゴは日が照ってきたお昼くらいに撮影すると、水面も綺麗に写りますしバサバサと羽を動かしているときに水しぶきが飛ぶのでがより一層美しく見えます。

また、日が沈みかけの時はフラミンゴの色が強調されてさらに美しく感じます。

(↑美しさにこだわりすぎ・・・笑)

ライオン

ライオン-1
百獣の王ライオン!今ではそんなイメージ無いのが残念です!(笑)いつも遠くを見つめていますが、たまに目の前まできて大きな口を開けたり咆哮したりして迫力満点です。ライオンの咆哮って最高ですよね!
ライオン-2
ライオン-3
こちらは野生のライオンです。サバンナまで行きました。っていうのはもちろんウソです。ウソが下手です・・

でも、なんだか野生っぽい感じがしませんか?

撮影ポイント

動物園ではできるだけ人工物を入れないようにしよう。柵はもちろんのこと、獣舎やコンクリート素材も人工物のひとつです。これらはできるだけ写真に入れないようにすると動物園では撮ったとは思えない写真に近づきます。人工物を避けるために角度を変えたり、アップで撮ったりするなどの工夫をしましょう。

これをやるだけでも写真の感じが大分変わるので、動物園では欠かせないテクニックのひとつですよ。

ミーアキャット

ミーアキャット-2
小さくてすばしっこく、そしてあの二本足で立つことで有名なミーアキャットです。この行動は日光浴でお腹を温めているんですよ。

撮影ポイント

目にキャッチライトを入れよう。目に光をいれることによって動物たちが生き生きとした表情に感じられます。

今回は太陽を見ていたため簡単にキャッチライトを入れることができましたが、他にも水面に反射した光や、天窓からの光や照明などが目に入るのでその瞬間を狙いましょう。

残念がら2匹しか行動していなかったので、群れでの撮影はできませんでした(泣)
リベンジあるのみです!

ゾウ

ゾウ-2
お昼時になるとゾウさんにエサをあげることができる、ふれあいイベントをやっていました。器用に鼻を使って大好きなリンゴを食べていた時の様子を撮った写真です。
~開催時間~
平日   13:30~
土日祝  12:00~と14:00~
■詳しくはこちら
参照:ゾウさんのランチタイム

カバ

カバ
睨みつけるような目ですね。カバはボーっとしているイメージから実は、狂暴で最強の動物と言われるくらいテレビで取り上げられていますね。それよりも私が気になるのはこの頭です!

何だろ・・・大仏みたい・・(笑)

悟りをひらいたのでしょうか?

こんな光景に思わず笑ってしまう一枚でした。

クマ

クマ
頻繁に舌をだしていました(笑)東武動物公園のクマは他の動物園と違い檻がすぐ目の前にあるので、ものすごい迫力が伝わってきます。体がとてもでかくて襲われたらと思うとゾッとするくらいでした。

■次回
【第3回】どきどきストリート後編

スポンサーリンク