【埼玉】全国温泉ランキング1位を取った杉戸町『雅楽の湯』に行って癒やされてきました

スポンサーリンク

雅楽の湯-1(※この記事の写真は全て許可済みです。また、個人的な感想ですので参考までにお願います。)
埼玉県のかくれ湯を発見しました!と言っても私が知らなかっただけでもう既に超有名な温泉です。有名すぎて全国温泉ランキングで1位に輝いています。そんな素晴らしい温泉が近くにあった驚きと共に、大喜びです(笑)

ここを知ったのは東武動物公園に行ったときに入り口にパンフレットがあったので、そこで知ることとなりました。今回は初めてとなる訳ですが、ネットで調べてみると色々と魅了されるものがあり行かずにはいられませんでした。

早速、埼玉県杉戸町にある「杉戸天然温泉雅楽の湯」に行ってきました!
天気にも恵まれた露天風呂日和です。

雅楽の湯とは?

雅楽の湯-1位
@nifty温泉【2014総合No.1】になった埼玉県の人気の天然湯処です。数々のメディアに取り上げられていて実はとっても有名な温泉でした。温泉だけでなく、岩盤浴やビュッフェ、エステ、カットサロンなどたくさんのサービスも揃っています。
>>@nifty温泉【2014総合No.1】杉戸天然温泉 雅楽の湯

どんな人が来ているか?

まだ行ったことのない私たちは、正直そこまで人が入っていないと思っていました。大きい建物も見えませんでしたし、周りは田んぼに囲まれていて小じんまりとした温泉なんだと思っていました。

ところが・・・

家族連れや、カップル、友達同士、外国人、ご年配の方などたくさんの人で賑わっていました!

どうやら混んでいる時には入場制限がかかることもあるようで、それくらいたくさんの人が訪れるようです。中にはラウンジでトランプをやっている家族もいて、皆がまったりしていてとても居心地のいい場所です。こういう和みの雰囲気、最高に好きです。。

岩盤浴・楽癒

岩盤浴の施設もあり、私は初めての岩盤浴体験だったんですが、たっぷり汗をかいて体内の毒素と水分がからっぽになるくらいでした。ここの岩盤浴には3種類の空間があり中でも【咲(さき)】が気に入ったのですが、黄土石、ゲルマニウム石、麦飯石、翠石(すいせき)の鉱石を敷き詰めた床になっていて、鉱石ごとに効能が違うので好みの床で岩盤浴ができるようになっていました。

今回はゲルマニウムの床で新陳代謝を高めて、黄土石の床で女性ホルモンを高めてお肌スベスベにしました。(私は男性なんですが(笑))
>>岩盤浴の詳しい内容はこちら

お食事処、ビュッフェレストラン

雅楽の湯-かきフライ
岩盤浴が終わって露天風呂に入ろうと思ったのですが、なんだか小腹が空いたのでなにか食べようと思い、和食レストランみやびで「国産十割そば」と冬季限定メニューの「カキフライ定食」で腹ごしらえしようと思います。このカキフライがまた絶品でして、トロトロのカキにサクサクの衣がついていて贅沢なひとときでした。これで980円なのでちょっと安すぎないかい?と思ってしまうほどでした。

雅楽の湯-レストラン前 雅楽の湯-そば
和食レストランの他にビュッフェもありますよ。
>>レストランの詳しい内容はこちら

大露天風呂の他にも様々な温泉がある

雅楽の湯のいいところはたくさんあるのですが、やはり露天風呂もその内のひとつだと思います。ホームページの写真を見てもどうせうまく撮っているのだと思い疑っていましたが、そんな事は全くありませんでした!しっかり自然を満喫できるくらいの露天風呂でした。

遠くの景色は見えないものの、浴室内の植物だけでも満足できるくらいです。冬だったために木が枯れていましたが、それがまたいい味をだしていて、これからの四季の色々が楽しみになりました。

また、露天風呂の他にも、加温・加水しない「生源泉内湯」や、体に泡のブクブクを当ててくれる「アトラクションバス」などもあり、全部の浴槽に入る頃にはのぼせてしまうくらいだったので、途中に何度も休憩してしまいました(汗)

シャンプーやボディソープはありますが、髭剃りと歯ブラシセットが無いのが残念。そのためか、自分専用の髭剃りや体を洗うタオルなどを持ってきている人がいました。
>>温泉の詳しい内容はこちら

館内の回廊の様子

雅楽の湯-回廊2
温泉が入った後はくつろげる場所がたくさんあるのがここの良いところでもあります。ラウンジやうたたね処などで横になることができますし、中庭なんか初めて見たときは「いい場所だなあ」と温泉に入る前に既にリラックスしてしまいました。
雅楽の湯-回廊1 雅楽の湯-回廊3
足湯につかりながら中庭を見たり、館内の行灯がこれまた雰囲気を高めてくれます。
>>館内の詳しい内容はこちら

最高のリラクゼーション

雅楽の湯-エステ1 雅楽の湯-エステ2
温泉だけでは足りずに、私はアカスリ、彼女はボディケアをやることにしました。これがまた非常に気持ちよくて、病みつきになってしまいます。私は何度か他の温泉でもアカスリをやることがあるのですが、ここのアカスリも丁寧にやってくれました。

ボディケアをやった彼女は全身のコリが無くなったとオーバーなリアクションをしてくれて大変喜んでいました。どうやら施術してくれた担当の方も面白く、もう一度その人にやってもらいたいとのこと(笑)

リラクゼーションの種類もあるので次回はなににしようか一緒に悩んでいます。
>>リラクゼーションの詳しい内容はこちら

ありがたい送迎バス

こんなありがたい温泉ですが、歩いて行くにはちょっと不便です。しかし、ここの温泉に行くのに無料送迎バスが用意されているんですよ!このサービスが最高に親切だと思いました。場所も東武動物公園駅の入口から真っ直ぐ歩いた場所なので、簡単に見つかるので迷うことはありませんでした。

ただ、送迎バスがあるからとゆっくりしていると最終のバスに乗り遅れちゃうので注意が必要ですよ。
>>送迎バスの詳しい内容はこちら

最後に

雅楽の湯-夜
今回は15時近くから21時過ぎまで雅楽の湯に滞在していました。それくらい長い間いても飽きないですし、むしろ物足りない感じがしました。開館から閉館まで1日中いてもまったりできるような、とても落ち着いた感じの場所でした。

まだまだ見所がたくさんあって紹介できなかったのもありますが、ここで全部紹介しちゃうと楽しみが減ってしまいますよね。旅の疲れを癒やしたり、東武動物公園での遊び疲れをふっ飛ばしたい人にはおすすめの場所だと思います。

>>杉戸天然温泉 雅楽の湯 公式ホームページ

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です