僕はSDカードの使い方を大きく勘違いしていたよ。笑ってくれ。

sd-1137506_1280
スポンサーリンク

こんにちは。チロ(@chiro_camera)です。

カメラを使って写真撮影をするとき、SDカードって皆さんはどういう風に使っていますか?

「どうって、普通に使っているよと!」と、答えますよね。その使い方で間違いないでしょう。合っています。

どうやら僕は、SDカードの使い方に大きな勘違いをしていたようです

間違った使い方とは?

撮ってきた写真のデータは、PCや外付けHDDに転送をしていると思います。これがバックアップ作業ですよね。その後に、SDカード内の写真データを削除してから次の撮影に向かいます。

だけど、僕は一眼レフを買った当初、こんな作業はしていませんでした。

何をしていたのかというと…

SDカードに保存しっぱなし!

つまり、撮ってきた写真のデータを「家に帰って確認」

「SDカードの容量を空ける為にいらないものを削除」

それを繰り返して、そろそろいっぱいになってきたなぁ。と、軽くため息をついてから…

「よし、容量いっぱいだから新しく購入しよっと!」。

これ、大問題です

なぜ、保存しっぱなしにしていたのか

それは、SDカードをひとつのバックアップ方法として考えていたからです。

まだ、写真の知識もない頃の僕は、PCにも一応保存しているから大丈夫だろうと思っていましたし、撮ってきた写真の大切さを知らずに、画像をただ眺めてはいらないデータを消していました。

この行為は完全にダメです。愚か者です。

SDカードは長期保存向けではないので、撮った画像をそのまま保存していると、数ヶ月でデータ破損するなどの危険性もありますし、大切な写真を削除するなんてもってのほかです。

さらに、この保存方法だと新たな問題が。

完全に、無駄遣い

SDカードの大量購入を迫られていました(汗)

容量がいっぱいになったから、また新しいの買わないとな…。←えっ!?

なんか、おかしくない!?

僕だっておかしいことに気づいていました。幸いにもこの間違いには早い段階で気づいたので、大量購入までとはいきませんでしたが、無駄に購入したSDカードが何枚かございます…。

僕みたいなやり方では、SDカードに無駄なお金をかけているだけではなく、大切な写真までも削除している可能性があります。こんな間違ったやり方ではなく、撮った写真を大切に保管をしていきましょう。

SDカードはあくまでも一時的な保管場所に過ぎません

それを肝に銘じて、バックアップ作業を済ませてから、フォーマット(初期化)して使い続けるのが正しいやり方です。

「全画像消去」か「フォーマット(初期化)」か

撮影したデータを消去する際に、ただの「消去」だけだと完全に画像が消えたわけでなく、見えない残りファイルが存在しています。

この「消去」ばかりを繰り返していると実は、記録できる枚数が減ったり、記録速度が落ちてしまう恐れもあります

なので、バックアップを済ませたら「消去」ではなく、カメラ本体で「フォーマット(初期化)」することをおすすめします

ただ、これにはデメリットがあり、「フォーマット」は完全にデータを消すため、間違って写真データを削除したときに復元ができなくなってしまいます。

反対に「消去」の場合は残りファイルがあるので、専用ソフトを使えば復元できる可能性があります。

悩ましいところですが、「フォーマット」の役目はデータを消すだけではなく、カメラ本体にSDカードの規格を認識させるためでもあります。なので、他のカメラで使ったSDカードは、撮影するカメラ本体でフォーマットし直すことが必要です。

画像データをしっかりと残すためにも、フォーマットするクセをつけておいた方がいいです。

SDカードを初期化する方法

format_1  format_3
※カメラはニコンD7100で説明。

赤色の「FORMAT」マークがついた2つのボタンを同時に2秒以上押します。

▼すると、表示パネルに「For」という文字が点滅されます。
format_3
そして、「For」が点滅している状態で、もう一度2つの「FORMAT」を同時に押すと、初期化されます。

この時、SDカードが2枚入っている場合、点滅している側が初期化されます。初期化したいSDカードをメインコマンドダイヤルを回して、切り替えることもできます。

さいごに

SDカードの使い方を間違っていたなんてとても恥ずかしいです。

早い段階で気づいたのが良かったのですが、これに気づかずに容量が大きいSDカードを何枚も購入するはめになっていたかもしれません。値段を考えるとゾッとします。

皆さんも使い方には十分注意してください。

あっ、大丈夫か(笑)

スポンサーリンク
sd-1137506_1280

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です