Nikonユーザーにオレはなる!一眼レフ初心者の私がニコンを選んだ理由

Nikon ニコン

Nikon
色々な理由から趣味として本格的に一眼レフを始めたいと思った管理人のチロです。

「失敗は成功のもと」ということわざがありますが、撮影するときには良い言葉だと思います。写真を撮って失敗してもくじけないで何枚も何枚も撮影する!そして、その中に奇跡の1枚がでてくる可能性だってあります。

しかし、一眼レフカメラを購入する前の話には全くと言っていいほど当てはまらないでしょう(汗)メーカー選びに失敗してはせっかく買ったカメラにも愛着がわかずに趣味から遠ざかってしまうことでしょう。

マニアの方は恐らく各メーカーのカメラを取り揃えています。だけど、初心者はたったひとつのメーカーで十分!です。

今回は一眼レフ初心者さんが、どのカメラメーカーにすればいいか悩んでいる時のために、私がNikonユーザーになるまでの経緯と同時に、面白いメーカーの選び方も紹介したいと思います。少しでも参考になれば幸いです。

面白いメーカーの選び方

各メーカーの色と有名人と公式サイト

Canon 能年玲奈 公式サイト
Nikon 小栗旬 公式サイト
SONY 北川景子 公式サイト
PENTAX 公式サイト
OLYMPUS 宮崎あおい、本田圭佑 公式サイト

(※2015/02/13時点)
とまあ、これでどのメーカーにするか決める人はいないと思うのでササッと次に進みましょう。

真剣なメーカーの選び方

まず、どのメーカーもおすすめだと覚えておいて下さい。こればかりはどのメーカーも非常に優れていますし、どんな理由であれ必ずファンが存在します。

そんな数あるメーカーさんから1つだけおすすめを紹介するのは非常に酷でもあり、トラブルの元でもあります(汗)

それに、結局はどの一眼レフでも撮影できます。各メーカーのカメラ性能などを細かく見ると、使っているセンサーや、レンズの種類、オートフォーカス(AF)など様々な差はありますが、一眼レフ購入前の初心者さんなんてこれらの違いははっきり言ってわかりませんよね。私もそうでした。当たり前の話です。

でも、やっぱり写真の写り具合が気になるとか、性能を重視したいなどのスペック値が気になりますが、メーカーや機種にこだわってしまうとキリがないので、ここではわかりやく・・・

「Canon」「Nikon」「SONY」「PENTAX」の4つに絞る。

4大メーカー
他メーカーの「Panasonic」はミラーレス一眼が主流。「OLYMPUS」はマニアの方(上級者向け)が多く、初心者には扱いづらいかもしれません。なので、この2社は割愛させて頂きます。

またこの4社は交換レンズの種類が豊富なので、撮影の幅が広くなり写真が楽しくなりますし、使っているユーザーも多く、機能面にも優れているので初心者にも扱いやすいです。以前こちらの記事でも紹介しましたが、一眼レフの醍醐味でもあるレンズ交換は他メーカー同士ではできないんです。

レンズ交換の互換性が無いから、メーカー選びって大事なんですよ。

「SONY」か「PENTAX」?

SONYからは「ソニーa7Ⅱ」なんかも発売されて話題になっていますし、最大の魅力である電子ビューファインダー(EVF)を搭載しているので、光学ファインダー(OVF)に比べてピント合わせもしやすいですし、撮影結果(プレビュー)をファインダーで確認しながらシャッターを切ることができるので、いちいち画像確認をしなくてもいいメリットがあります。しかし、このEVFは連写が弱くバッテリー消費が大きいのが難点なので、地上最速であるチーターの走っている姿を撮りたがっている私としてはちょっと問題なので割愛させて頂きます(笑)

PENTAXはコストパフォーマンスに優れていて操作性も抜群ですし、夜間撮影にも向いています。また、世界最小の一眼レフを発売したり、カラーバリエーションが豊富なのでボディ本体でも楽しめることができます。しかし、周りのユーザが少なく、他のメーカーと比べて交換レンズが少ないです。さらにフルサイズ機が無いので将来的に撮影が上手くなってもワンランクアップのボディを手に入れることができなくなってしまうので、ここでも割愛させて頂きます。

そして、残ったのはこの2社になります。

「Canon」か「Nikon」の2社に絞る

2大メーカー
この2大メーカーを選ぶとなると性能面や機能面にも優れていますし、どちらを選んでも間違いではないと思います。外へ撮影しに行ってもユーザーが多く、プロのカメラマンでもこの2社が多い印象です。私が初めて購入したカメラの書籍もこの2社が多く使われていました。それだけで本の内容もわかりやすくなりますし、一眼レフを学ぶ機会が多くなります。

最終的に決め手となったのは「記録色」と「記憶色」ですね。これらは、カメラを作るうえでの考え方と写真の色味が関係しています。

記録色のNikonは撮る側の気持ちを考えているので、見た感じの色をそのまま自然に再現してくれます。撮影するときは黄色みがかった柔らかい雰囲気の写真になり、心温かい感じにも近いです。

記憶色のCanonは見る側の気持ちを考えているので、理想の色を美しく再現してくれます。人物撮影のときにはこれがとても重宝し、スッキリとした感じに仕上がり、肌色も白くなりポートレート向きです。肌色はCanonに軍配があがります。

ということで、確かに人物撮影するときはCanonにするべきだと思いますが、私は写真を撮りながら人生の思い出を残したい気持ちがあったために、理想の色は求めないで、自分の目で見た感じに近い記録色のニコンにすることを選びました。

こういう成り行きでNikonユーザーになった訳ですが、今ではもちろん満足していますよ。それに他のメーカーの誘惑に興味がありませんから無駄なお金を使うことも無くなりそうです。

これからNikonさんよろしくお願い致します。I LOVE Nikon(笑)

スポンサーリンク