一眼レフカメラのメンテナンスは意外と大事!レンズのお手入れ編

レンズクロス 交換レンズ

メンテナンス用品
どうやらカメラにはカビが発生しやすいようで、カビが発生してからはもう手遅れのようです。カメラはとても精密機械なので普段のお手入れが必要ですよ。

なんだかめんどくさいなーと思われるかもしれませんが、意外と簡単ですしメンテナンスをするにつれて一眼レフの愛着がさらに湧いてしまいました(笑)今では旅行から帰ってきたときのカメラのメンテナンスは病みつきになっています・・・。

今回はダンボーにも協力してもらい、初心者でもできる一眼レフカメラの簡単なレンズのお手入れ方法を紹介します。

※本来はレンズを取り外して作業しますが、ボディ内に埃が入るのを防ぐために、初心者の僕はレンズを取り外して作業はしません。

レンズのお手入れ方法

1.ブロア

ブロア
レンズ面には細かいゴミがつきやすいので、残ったままの状態でレンズ面を拭くとキズがつく恐れもあるので、まずはブロアでプシュプシュと埃を飛ばします。

2.レンズブラシ

レンズブラシ
ブロアで大きな埃を飛ばしたら、今度はレンズブラシを使って細かい埃を取り除いていきます。ズームレンズを使っている時は筒を伸ばしたり、レンズ側面やボディも一緒にブラシを使って埃を払い落とします。

この時レンズ面に使うとキズがついてしまうので注意が必要です。

3.レンズペン

レンズペン
レンズ面に軽く当てて円を描くようにして汚れを拭き取ります。

ちなみに、このレンズペンはカーボン粉末を使っているので、クリーニング液は不要です。

4.レンズクロス

レンズクロス
汚れがひどい場合はレンズクロスを使って拭き取ります。また、雨などで水滴がつい場合や、液晶画面の皮脂汚れにもレンズクロスを使います。ただし、初心者の方はミクロ繊維の布でもレンズ面での使用はできるだけ避けます。

参考サイト:Nikonレンズナレッジ「レンズのお手入れ」

最後に

このように簡単にレンズのお手入れができます。普段の散歩撮影の他にも海の近くで撮影した場合や、山など標高が高い場所での撮影をした後は目に見えない埃がたくさんついています。

キズや故障の原因にならないように、面倒がらずに長年付き合っていくカメラは大事にしていきましょう。

スポンサーリンク