茨城【偕楽園】を巡る旅。気分はまるで縁日!見晴亭周辺ではお祭り気分を味わえる

屋台-1
スポンサーリンク

東門近くの見晴亭周辺では、出店や神社などがありお祭り気分になれるような場所でした。ここに来るとおいしいものをたくさん食べれるスポットとなっているので、お腹が減ったときには是非ここに。

見晴亭

見晴亭
見晴亭の中はたくさんのお土産が売られていて、さらに奥へ進むと一般人の方が撮った偕楽園写真コンテストの入賞作品が飾られていました。

どれも僕の写真とは比べ物にならないくらいレベルが高い写真に、嫉妬と羨ましさを感じました。どうやったらこんな素敵な写真を撮れるのだろうか・・・
屋台-1   屋台-2
ため息をつきながらあたりを見回すとなにやら見晴亭のすぐ側ではたくさんの屋台があり、その場にいるだけでお祭り気分です。たこ焼き、アユの塩焼き、お好み焼き、焼きそば・・・などなど美味しそうなものばかり!さらにそんな美味しそうな匂いがあたりに広がり、お弁当を食べたばかりなのに食欲がでてきてしまいます(笑)

先程のため息なんてのも、どっかいってしまいました。
水戸黄門茶屋
さらに、水戸黄門茶屋というのもあり、ここでは梅を使ったソフトクリームや、大福などもありました。せっかくなので何か食べればいいものの、何も食べずにここを後にしてしまいました・・・(笑)

見晴亭近くの道

通路-1
一体どこまで梅の木が続いているんだと思えるくらい見晴亭近くの通路でも梅の花が広がっています。

また、ここでは白とピンクの花が混ざった珍しい梅の木があり、これには僕も思わず撮りました。
カシャッ!
白とピンク
色鮮やかでとっても可愛らしいです。
白とピンク-2
高さもあり存在感があります。たくさんの人がこの木を見ていました。

見晴広場

見晴広場-1

見晴広場-2
見晴広場では家族連れで花見をしにきたりなど、たくさんの人がこの場所でゆったりと時間を過ごしていました。仙奕台で食べるご飯もいいですが、ここに座って花見をしながら見るお弁当も格別に美味しそうです。

最後に

弁当を持参してもよし。屋台の料理を食べるのもよし。梅の花を見るだけでなく、お腹を空かせたら見晴亭周辺に立ち寄ってお腹を満たすのも偕楽園の楽しみ方のひとつでもありますね。

花より団子っていいますもんね。

地べたに座って汚れるのが心配なら是非レジャーシートを持って見晴広場でお花見を♪

スポンサーリンク
屋台-1

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です