【感想】Amazonパントリー頼んでみたけど、使い続けるには微妙だな…。

amazon_pantry_1
スポンサーリンク

こんにちは。チロ(@chiro_camera)です。

Amazonプライム会員になったので、年会費3,900円を無駄にしたくないからと全てのサービスを使ってみようと思います。

今回は「Amazonパントリー」を注文してみました。

Amazonパントリーについて

Amazonパントリーは、食品・日用品を中心とした低価格の商品をひとつからご購入いただけるサービスです。これまでのAmazonでのお買い物と少し違う、Amazonパントリーの使い方をご紹介します。
参照:Amazonパントリーとは?

Amazonプライム会員の特典のひとつで、日用品などを配達してもらえますが、通常290円の手数料がかかってしまいます

この時点で大きなデメリットですが、送料を無料にする方法もあり「まとめて割引」で対象商品を5点買わなければなりません。(2016年03月01日(火) 09:00 から 2016年04月05日(火) 08:59 まで。)

▼箱の詳細
52cm × 28cm × 36cmの容量、または12kgを基準。
購入点数にかかわらず、1箱あたり290円(税込)のパントリー取扱手数料がかかります。
通常、1-3日で商品が届きます。

注文方法

商品1つから注文することができる

amazon-pantry
普段お家で使っているような日用品が数多く揃えられているので、基本的にはそれと同じ商品を購入すればいいと思います。

商品を選ぶことによってパントリーBOXに商品が入っていき、選んだ商品によって”使用率”が変わっていきます。使用率が100%になるとパントリーBOXが追加となりさらに290円取られます。

テーマBoxから選ぶこともできる

amazon-pantry
季節や目的に合わたテーマBoxもあり、見てみると「仕送り」や「夜更かしセット」なんていうのもあるので、中々ユニークです。

目的が決まっていて、手っ取り早く注文を済ませたい方はこちらが便利ですね。

購入前にドラッグストアと料金を比べてみた

やっぱり気になるのが、Amazonパントリー内の商品が、他のお店と比べて安いのかです。

近くのドラッグストアに行って比べてみたのですが、Amazonの方が100円くらい安いのもあれば、30~40円くらい高い商品もあるなど結構バラバラでした。トータル的にみてみると、Amazonパントリーの方が安い傾向なのですが、送料を考えると合計の値段高くなってしまいます。

だから「まとめて割引」の使い方しだいですね。

実際に商品注文して到着

amazon_pantry_1
▲日用品をメインにBoxギリギリまで注文してみましたが、まず第一感想として「デカイっ!!」でした。

amazon_pantry_2
▲サイズの詳細を見ないで注文してしまったのですが、あまりのデカさに「ゴミの処分めんどうだな」と思ってしまい早くも後悔しています(汗)

amazon_pantry_3
▲箱を開けるとたくさんの紙くずが散りばめられています。
amazon_pantry_4
▲どうやら、商品の上には重ねないように置いているみたいです。
amazon_pantry_5
▲この紙に包まれてるのはなんだ?と思いながら開けてみると洗剤が入っていました。輸送破損に徹底しているのか微妙なところです。
amazon_pantry_6
▲見てください!紙くずがゴミくずになった瞬間です…。

まとめ

Amazonパントリーは、「お店に買いに行くのが面倒だ」という方には非常にありがたいですが、290円の手数料(送料)は痛い出費となりそうです。まとめて割引をうまく使えばいいと思いますが、余計な出費とならないよう注意が必要です。

また、Amazonポイントが付くわけじゃないので、家の近くのドラッグストアやWAON(ワオン)などのポイントを考えると、お店に行って直接購入したほうがゴミはでないし、ポイントも付与されるのでトータル的にAmazonパントリーを使うメリットは少ない気がします。今のところまだ検討段階ですね。

 

スポンサーリンク
amazon_pantry_1

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です